アトピーの原因は腸にあった!糖質制限で改善された話

子どもから大人まで多くの人が悩まされているアトピー性皮膚炎。その原因としてストレスや生活習慣などがあげられています。しかし、今回あえて目を向けたのは腸内環境。

じつは、アトピー性皮膚炎と腸には密接な関係があるようです。そして、糖質制限やちょっとした食事の工夫でアトピーは改善するということも、わたしの経験をもとにご紹介します。

アトピー性皮膚炎と腸内環境の関係

カラダのかゆみや湿疹を抑えるためにステロイド剤を塗ったり、抗ヒスタミン薬を服用したり、顔にはプロトピックを常用したり。これでは、一時的な治療しているようなものでアトピーの根本的な原因にはアプローチしていないように思えます。

アトピーを改善するうえで大切なことは腸内環境を整えることです。腸内細菌、いわゆる善玉菌と悪玉菌をバランス良く生息させることはアトピー改善の重要ポイントです。

そして、残念ながらアトピーの人は腸内細菌の悪玉菌が優位な状態にあるそうです。

糖質を控えることでアトピーは改善される!

腸内環境が乱れ悪玉菌が多ければ、アトピーはひどくなりがちですし改善されません。

そこで、重要なことは糖質を制限するということ。糖質を摂りすぎると善玉菌を破壊していまい悪玉菌が優位な腸内環境になります。すると、皮膚のかゆみや赤く腫れた湿疹など、アトピーのアレルギーを引き起こしてしまうのです。

アトピー治療には1日の糖質を150g以下に

私たちの食生活は年々欧米化しており、アトピーにとっては良くない状況のようです。そんななか、糖質制限をするのは難しいように思えます。しかし、糖質制限といっても糖質をゼロにするのはよくありません

アトピー治療に適した糖質の摂取目安は1日150gまで

例えば、ご飯一膳の糖質は55gほど。ほかの食品で摂る糖質も考慮すると、1食のごはんは半膳くらいにするのがベストです

そのほかにも糖質の多い食品は、食パン・パスタ・ラーメン・うどん・バナナ・ケーキ・クッキー・米粉せんべいなど。意識して避けることが大切です。

主食を少なめに、肉や根菜類を多めに

わたしは日常的に糖質を制限するために、ごはんやパンなどの主食は控えめにして、肉や魚介類は積極的に摂るようにしています

また、食物繊維は善玉菌の栄養素となるため、野菜や根菜類を摂るとなお良いそうです。

どうしても甘いものが食べたいときは…

お菓子やケーキなどの甘いものってなかなか我慢できませんよね。また、無理に制限するとストレスやリバウンドの原因にもなりかねません。

糖質が気になるけどお菓子やパンが食べたい… なんてときは、ローソンの商品がおすすめです
まず、ローソンブランパンは1個あたりの糖質が2.2g。そのほかにもシフォンケーキやドーナッツ、クッキーなど糖質制限の商品はラインナップ豊富!ローソンはこんなにもアトピー治療に優しかったんですね。

  • 焼きたてそのまま冷凍 米ブランパン(紅茶)
  • 400円(税抜)
  • 糖質 : 4.1g / 1個あたり

詳しくはこちら : 商品の定期宅配 ローソンフレッシュ

ただ、どうしても1個の単価が高くなってしまいがち… なので、わたしは楽天Yahoo!ショッピングで「糖質制限 お菓子」と検索してお得そうな商品を購入しています。

料理は白い砂糖で甘味をつけない

料理をするなかでどうしても砂糖は必要になってきます。そんなとき、わたしは上白糖ではなくてんさい糖を使用しています

腸のなかで働くビフィズス菌は、年齢とともに減ってしまうもの。食物から補おうとしても、胃酸などの作用でなかなか腸まで届きません。そこで、「てんさい糖」。「てんさい糖」に含まれるオリゴ糖が腸内のビフィズス菌の栄養源となり、活性化の手助けをしてくれるのです。出典 : てんさい糖

また、はちみつメープルシロップなども甘味をつける際におすすめです。

アトピーを悪化させる花粉にも効果あり

春先や季節の変わり目など、どうしても花粉の粒子が表皮に付着してアトピーやかゆみを引き起こしてしまいます。
しかし、腸内環境を整えればアレルギーを引き起こす原因を抑制できるため、花粉によるかゆみや湿疹も軽減することができます

糖質制限でアトピーを改善するには日々の根気が大切です。アトピーを治療するためにステロイド剤を使用してもカラダがアトピーに良くない状態であれば、あまり意味のない行為に思えます。

時間はかかりますが、腸に負担をかけない生活悪玉菌を増やさない食生活をこころがけていれば、きっとアトピーは良くなります