デート代は男が全額支払う派!が嫌われる理由

初めてのデート、楽しく盛り上がった彼との食事。けっこう脈アリかも?と思ったのに、なかなか次へ進まない。

そんな女性にありがちな原因の1つに「男に全額支払ってもらって当たり前」という考え方があります。あなたは思いつく点、ありませんか。

いざ会計となるとお手洗いへ行くふりをする。いや、そこまでするとあからさますぎるから、財布を出すだけ出して払う意思をアピールする。けれど、実際は払いたくないし払わない

もう、男性にはバレバレです。あなたに一切払う気がないということ。

では、多くの男性は初めてのデートにおける支払いに対してどのように考えているのでしょうか。

多くの男性が「割り勘」を希望

1位 割り勘がいい…… 32.7%
2位 自分が全額払いたい…… 30.6%
3位 自分が多めに払いたい…… 28.55%
4位 相手に全額払ってもらいたい…… 5.1%
5位 相手に多めに払ってもらいたい…… 3.05%
出典 : マイナビウーマン

多くの男性は「割り勘がいい」という回答になりました。ただ、勘違いしてはいけないのが、男性はあなたのぶんまで払いたくないわけではないということ。

じゃあ、どうゆうこと?ってなりますよね。男性側の心理として、大きくこの2つがあります。

1. 当たり前という考え方がもう無理、何様のつもり?という気持ちになる
2. お金を稼ぐ大変さ、お金の大切さに対する価値観に不信感を抱く

ん?だってお会計のときに2人して財布出すのって恥ずかしいじゃん。じゃあ、テーブルで割り勘にしたのちお会計へ行きますか?行きませんよね。

このような「当たり前」という、ある意味傲慢(ごうまん)でもある考え方に男性はドン引きします。

もちろん、あなたがモデル並みに綺麗で魅力的であれば、男性は喜んで払うかもしれません。男性はそこのところの損得感情に富んでいますからね。

ただ、女性を落とすために時間やお金を使うなんていうのは、バブル時代の話です。

男性の理論的思考が「次はないな」と結論づける

初めてのデートであれば数千円の食事代ですみます。でも、それがつのりつもればけっこうな金額になりますよね。

その金額を稼ぐにはどれだけ働かなければいけないか、どれだけ大変なのか。この考え方があなたにしっかりとあれば、男性に甘えることはできないはずです。

だからこそ、たとえ初回のデートでも「男に全額払ってもらう」という下心がバレた時点で、男性としては「次はないな」という気持ちになるのです。

お金や将来のことに関して、男性は女性よりも理論的に考えます。また、女性の「当たり前」という考え方も男性は苦手です。

例えば、あなたが「女なんだから料理できて当たり前だろ」って言われたらどうですか。気分悪いですよね。それと同じです。

もし、それでもデート代は全額男性が支払ってほしいというのであれば、あなたがモデル並みの美女になるか、医師や弁護士などを探したほうがいいかもしれません。

こちらの記事もおすすめ
普通のアラサー女性が結婚できない7つの理由