朝起きるのが楽しみになる4つの魔法

寝不足だったり寒い日だったり、朝布団から出るのってなにかとおっくうですよね。でも、ちょっと工夫するだけでそのおっくうな気持ちは軽減できるんです。

ここでは、朝起きることを楽しみに変えてしまう方法をご紹介します。

01. 朝の支度は好きな音楽を聴きながら

準備をするのがおっくうになる寒い冬の朝。そんなときこそ、音楽の力を借りるべきです。すっきり目覚めた朝も、ちょっとだるい朝も、音楽はいつもの朝を優雅にしてくれます

まずは、スマホに好きな曲のプレイリストを作成して、いつでも聴ける環境をつくっておきましょう。

そして、洗面所やシャワールームなど支度中に家じゅうのどこでも音楽が聴けるよう、Bluetoothのワイヤレススピーカーをひとつ用意しましょう。

また、いつもの音楽に飽きたらSpotify(スポティファイ)で新しい音楽を探したり、モーニングシーンのプレイリストを再生したり、BGMがあるだけで朝はもっと楽しくなります。

朝は寒いから起きたくないという気持ちをポジティブなイメージに変えることで、朝はより起きやすくなります

音楽でハッピーな朝を迎えれば、きっと起きるのが楽しみになりますよ!

こちらの記事もおすすめ
Spotifyは無料プランでOK! その理由

02. 起きたご褒美に好きな食べ物を

布団から出たくない寒い冬の朝も、もっと寝ていたいブルーマンデーも、この方法なら思わず目覚めたくなるはず。プリンや菓子パン、お味噌汁にスープなど、前日までに朝起きたら食べるものを決めておきます

お腹の空いている朝だからこそ、起きれば好きなものが食べれると思えば、きっともう少し寝ていたくても頑張って起きれるはずです。

03. アラームの代わりにテレビを使う

目覚ましの音って嫌ですよね。あの音には、朝起きなきゃいけないという不快感と心地よい眠りを急に覚まされる苛立ちなど、いろんな思いが集約されています。

でも、アラームの代わりにテレビを使えば、その不快感から離れられるかもしれません。

その方法は、テレビのオンタイマーを起床時間にセットするだけ。めざましテレビの永島アナやZIPの山口くんが起こしてくれますよ。

04. スマホを置いて淹れたてのコーヒーを楽しむ

睡眠をとってやすまった頭も、朝イチにスマホで情報を入れ込んでは意味がありません。

一度、スマホを置いてコーヒーの香りを楽しんでみませんか?

日中にたくさん頭を使うためにも、朝のコーヒーでリラックスする時間はとても大切です。そして、その時間が好きになったときこそ、またひとつ、朝起きる楽しみが増えた瞬間です

こちらの記事もおすすめ
本格派!予算1万円未満のおすすめコーヒーメーカー