コストコに必要なもの不要なもの 便利に買い物するコツ

必要なもの

コンタクトの空箱

コストコは度入りのメガネに加えコンタクトレンズもお値打ちに買えます。

そのために眼科の処方せんは必要なく、これまで使っていたコンタクトの空箱があればOK!

これまで眼科やコンタクトレンズ専門店で購入していた人は、コストコの価格におどろき、すぐ買いたくなるでしょう。

しかし、楽天などのネットで買うことが多い人は、そちらのほうが安いのも事実。送料を考えるとコストコのコンタクトレンズはお値打ちですけれどね。

いずれにしても、度数が記載されたコンタクトレンズの空箱を持参するだけでワンデーアキュビューなどのコンタクトレンズがお得に買えるわけです。

処方せん

コストコには薬剤師が在籍していて、病院で処方された処方薬を受け取ることができます。

そのためにはもちろん有効期限内の処方せんが必要。コストコ薬局の魅力はなんといってもジェネリック医薬品が豊富なことです。それに、一般のクスリに加えツムラの漢方薬も常時ストックしているとのこと。

コストコに着いたらさきに処方せんを提出しておいて、調剤中に買い物を楽しむ。そうすれば待ち時間なしでお薬を受け取れます。

クレジットカード

コストコは1回の買いもの金額が大きくなりがち。なのに、取り扱いクレジットカードを持っていないからといって現金で支払っていてはとてももったいない。

コストコではアメックスとマスターカードが使えるので、VISAやJCBしか持っていないという人は事前につくっておくといいですよ。

ほしい物リスト

大きな倉庫型店舗をみるとテンションがあがりますよね。しかし、その勢いで買い物をしては危険です。

コスパがいいと思い大容量パックの商品をカートにぶちこむと、レジで後悔することとなります。

まずは、冷静に買い物を楽しむためにも、買い物リストを持参することをおすすめします。そうすることで、ある程度の無駄遣いがおさえられます。

不要なもの

ガソリン

コストコへ行くなら車のガソリンはカラっからの状態にしておきましょう。

というのも、コストコガスステーション、いわゆるコストコのガソリンスタンドはびっくりするほど激安だからです。

たとえば一般のガソリンスタンドのレギュラー価格が138円なら、大きいときで10円ほどの開きがあります。

しかし1点注意が必要、それはアメックスのクレジットカードとコストコプリペイドしか決済方法がないということ。マスターカードや現金は使えません。

現金

コストコに現金は必要ありません。なるべくクレジットカードで決済する習慣をつけておくとおのずとポイントが貯まっていき、よりお得にコストコを利用できます。

また、小銭がたくさん入った財布を持ち歩かず身軽に買い物を楽しむのも、コストコでは必要な手段です。

保冷剤

生鮮食品を買うからといって保冷剤をたくさん持参する必要はありません。

というのも、冷凍された肉や魚が保冷剤の代わりになるからです。

また逆に、冷凍食品の持ち帰り方法として生鮮食品の保冷剤代わりという考え方もありです。

保冷剤を持って行かず冷凍食品で代用するだけで格段に荷物と気分が軽くなります。

エコバック


© Amazon.co.jp

コストコに大きなエコバックの持ち込みは必要ありません。また、袋を忘れたからといって当日コストコバックを買う必要もありません。

コストコのレジうしろにはダンボール箱がたくさん用意されています。もちろんすべて無料で利用できるので、これを利用しないわけにはいきません。

また、会計前にダンボール箱を用意しておくと、親切なスタッフはある程度おさまるように入れてくれます。

ダンボールにうまく梱包すれば車内で崩れ落ちる心配もありませんし、嬉しい限りですね。

Copyright of images : © Ted Eytan