人生が楽しい人は5つの習慣に共通する

人生を楽しんでいる人は、「楽しみ方」よりも「楽しむために必要なこと」を大切にしていました。
難しいことはありません。楽しい時間は自分でつかむものです。

01. シンプルに考える

人生は壁にぶつかって当たり前。そんなとき、頭のなかはどうしても複雑になりがちです。でも、思い通りにいかないときやせっぱつまったときの答えはいつもシンプルです。

簡単な計算式で答えの出る問題も、難しく考えすぎては答えを出すのに時間がかかってしまいます。
シンプルに考える思考力は、毎日の楽しい時間を増やしてくれます。

人生を楽しんでいる人ほど、人生はシンプルだということを認識しています。

02. 食事を楽しむ

美味しいものを美味しいと思える、それを楽しむことができる。脳・心・体で食事を楽しんでいる人は、このうえない幸福感を得る事に成功しています。

1日3食の食事を楽しむということは、1日に3回も楽しい時間があるということ。
それに、しっかりと食事を摂りエネルギーを蓄えることで、仕事やプライベートを全力で楽しむことができます。

食べることが好きな人、料理することが好きな人、もてなすことが好きな人。

食事は私たちが生きて行くうえで欠かせない存在。だからこそ、食事を楽しんでいる人は、人生を楽しんでいるんです。

03. 時間に余裕をもつ

時間の余裕は心の余裕です。いつも時間に追われている人はストレスも多く、心も疲れています。

どんなに忙しくても時間をうまく活用すれば、余裕のある行動はできるはず。ポイントは、いかに日常生活の無駄をなくすかです。

私たちはみんな同じ時間を過ごしています。そんななか、時間に追われてストレスを抱えるのか、時間に余裕をもち安定した気持ちで過ごすのか、それはあなた次第です。

ただ、ひとついえることは、余裕のある人の方が仕事や恋愛でうまくいきやすいということ。
いつも楽しそうにしている人の生活は、時間に追われることなどありません。

04. 「オン」と「オフ」をしっかり切り替える

なにごとも全力で取り組む、仕事も恋愛もプライベートも。

人生を楽しんでいる人は好奇心旺盛で、世界の広さや可能性を感じています。そして、大きな幸せから小さな幸せまで決して逃しません。

忙しい仕事を乗り切ったあとには、しっかり自分へのご褒美を。このメリハリを楽しんでいる人は、このうえない充実感を得ているに違いありあません。

人生を楽しんでいる人は、この充実感という幸せを大切にしています。

05. ありのままの自分でいる

つくった自分で過ごすことほど息苦しいものはありません。

いま、この時間も幸せを感じている人は、ありのままの自分でいることに成功している人です。

どんな環境でもありのままの自分いること、そしてその自分が他人から受け入れられていること、それこそが精神的な幸せです。偽りの自分を受け入れられても、本当のあなたは受け入れられていないということですからね。

本当の意味で人生を楽しんでいる人には、見栄やプライドなどありません。