銀河街の悪夢 その歌詞の意味を紐解く

明日に住みついてる幻覚の名前は
皆さんご存知「希望」というアレです

いまがつらいから明日に希望が持てない。

明日また起きたら何か始めてみよう
だから今日はいつもより早く眠りにつこう
だけど眠れなくて朝日が昇るんだ
明日はもっと自分が嫌いになるのかなぁ

明日に希望が持てないから、明日から頑張ろうと思う。けれど、何も変わらず今日が終わる。

精神を安定させるアイツの魔術は
苦しみだけじゃなく楽しみも消してく

不安や緊張をやわらげる抗不安薬。

憂鬱を抑えてくれるアノ子の呪いは
絶望だけじゃなく希望も無くしていく

セロトニンの不足を防いで不安を改善する抗うつ剤。

いずれも、うつ病、パニック障害、睡眠障害、強迫性障害(OCD)、心的外傷後ストレス障害(PTSD)といった病気の治療に使われる薬。

あぁ僕の身体が壊れていく

服用により症状の改善を目指すものの、生きる気力がなくなるほどの副作用に苦しむ。

「いいかい君は病気だから」とお医者さんがくれた
この薬を飲んだなら深い眠りに堕ちるんだ

主治医に「夜眠れない」と話せば、「君は病気だから仕方ない、薬を出すから様子みて。」

つらい症状を治そうと精神科へ通うが、ただ薬が処方されるだけ。病気だからといって薬を飲めば本当に治るのか。

そうさ誰のせいでもなくて僕の問題だから
僕のことは僕でしか変えることができないんだ

これまで他人を否定してきた。誰かのせいにしたってその人が解決してくれるわけではない。けっきょくは、自分がやらなきゃいけない。

明日を夢見るから今日が変わらないんだ
僕らが動かせるのは今日だけなのさ
今日こそは必ず何か始めてみよう
応援はあまりないけど頑張ってみるよ

明日はどうなるかわからないけれど、今日はどうにだってできる。未来にとらわれるのはやめて、今を生きる。


© jus10h

明日を夢見るから今日が変わらないんだ
僕らを動かせるのは自分だけだろう
そんなことわかってるんだろう
強くなれ僕の同志よ

薬や他人は手助けをするだけで解決はしてくれない。だから、自分のちからで今を生きる。

そんなことわかってるけれど、思うようにいかない人へ。これがわかったのならあともう少し。だから頑張って。

Copyright of lyrics : © Fukaseimages : © jus10h