【初心者向け】iPhone買ったら最初にするべき12の設定

はじめて iPhone を手にする人やあまり機械が得意ではない人など、取扱説明書のない iPhone は使いこなすまでに一苦労ですよね。

ここでは、メールや iCloud などベーシックな設定ではなく、基本設定に加えおこなうことでより便利に使うことのできる設定をご紹介します。

01. 不要な iOS標準アプリを削除する

iOS10 より iBooks や FaceTime など iPhone に最初から入ってるアプリが削除できるようになりました。これで不要なアプリは削除できるのでホーム画面がすっきりします。

Appアイコンをロングタップ(長押し)、左上の[×]をタップして[取り除く]をタップ。削除したアプリは App Store より復元できます。

02. ホームボタンを画面に表示する

ホームボタンの使いすぎは不具合のもと。画面上にホームボタンを表示させて使用頻度を分散させましょう。

[設定]>[一般]>[アクセシビリティ]>[AssistiveTouch]を開き[AssistiveTouch]をオンに。[最上位メニューをカスタマイズ]をタップし、画面最下部の[-]をタップしてホームのみを残します。

03. Night Shift モードを設定する

iPhone のRetinaディスプレイを寝る前に見るのは睡眠の妨げになります。iOS10 より加わった Night Shift(ナイトシフト) は、画面を暖色系に変更して眠りの妨げを軽減します。

[設定]>[画面表示と明るさ]>[Night Shift]を開き[時間指定]をオンに。[開始]と[終了]時刻を設定します。

04. ホーム画面の壁紙を静止画に設定する

ホーム画面およびロック画面の壁紙はデフォルトで[視差効果]や[ダイナミック]に設定されています。これにはアニメーション効果があるためバッテリーの消耗に影響します。
壁紙を[静止画]に設定して電池の持ちをよくしましょう。

[設定]>[壁紙]を開き設定中の壁紙をタップ。画面下の[静止画]をタップして[設定]をタップします。

05. キーボードのフリック音をオフにする

文字入力のたびに鳴る音をオフにしましょう。これでマナーモードにしなくても周りの人へ配慮できます。

[設定]>[サウンド]を開き、画面最下部の[キーボードのフリック]をオフに。ついでに[ロック時の音]もオフにするとよいでしょう。

06. バッテリー残量を%(パーセンテージ) で表示する

画面最上部のステータスバーにある電池残量をパーセンテージで表示することによって、iPhone のバッテリー残量を把握しやすくなります。

[設定]>[バッテリー]を開き[バッテリー残量(%)]をオンにします。

07. 位置情報サービスの見直し

GPSなどで判断した自分の位置情報を不必要なアプリにまで許可し続けることは、プライバシー面で懸念が残ります。いま一度アプリごとに見直してみましょう。

[設定]>[プライバシー]を開き、アプリごとに判断し[使用中のみ]や[許可しない]に設定します。
例)Google Maps には位置情報が必要なので[使用中のみ]に設定
例)Safariのサイト では位置情報を使用する機会が少ないので[許可しない]に設定

08. App やミュージックなどの自動ダウンロードをオフにする

自動ダウンロードとは、iPad などほかのデバイスにダウンロードしたアプリも、同じように iPhone へダウンロードされる機能。また、アプリのアップデートも新バージョンのリリースと同時に自動でおこなわれます。
すべてバックグラウンドで処理されるのでバッテリーの消耗に影響します。

[設定]>[iTunes StoreとApp Store]を開き、自動ダウンロードの[ミュージック][App][アップデート]をオフにします。

09. iMessage の既読表示をオフにする

いまは LINE でコミュニケーションをとる人が多いかもしれませんが、Wi-Fi環境であれば無料で送受信できる iMessage(アイメッセージ) はとても便利です。しかし、デフォルトでは開封証明を送信がオンになっています。

[設定]>[メッセージ]を開き[開封証明を送信]をオフにします。

10. コンテンツブロッカーでWEB上の広告を非表示にする

WEBサイト上にはわずらわしい広告であふれています。しらないうちにタップしてしまい別ウィンドウで開く… なんてこともあると思います。iOS9より Safari にはコンテンツブロッカーという機能が搭載されました。これを使用することで Googleアドセンス をはじめとする広告や調査ツールをブロックできます。

[App Store]>[コンテンツブロッカー]と検索。任意のアプリをダウンロードしてブロックする広告を選択します。(こちらでは AdFilter を使用しています)
[設定]>[Safari]を開き[コンテンツブロッカー]をタップ。先ほど設定したアプリをオンにします。

11. Apple Music を非表示にする

定額ストリーミングサービスの Apple Music(アップルミュージック) を利用していない人は、ミュージックアプリから不要な Apple Music を非表示にしましょう。

[設定]>[ミュージック]を開き、APPLE MUSIC の[Apple Musicを表示]をオフにします。

12. ロック画面のウィジェットをカスタマイズする

iPhone のロックを解除しなくても必要な情報を確認できるウィジェットはとても便利!よく使うアプリのみにカスタマイズしましょう。

ロック画面を右へスライドし、設定済みのウィジェットを確認します。ウィジェット最下部の[編集]をタップして、不要なアプリは[-]をタップし削除、必要なアプリは ウィジェットを追加 の[+]をタップして追加します。