セタフィルクレンザーは体に使うべき その効果と使い方

クレンザーは顔だけじゃもったいない

セタフィルのなかでも人気の高いジェントルスキンクレンザー。

うるおいを保ちながら汚れを洗い流すので、洗い上がりに乾燥しにくいのが一番の特徴です。

よくセタフィルのクレンザーはメイク落としや洗顔料のように顔に使うものと思われがちですが、じつはボディにも使えるよう開発されています。すなわち、全身に使えるということです。

低刺激で無香性のセタフィル、わたしはこのクレンザーをレストラダームのような効果を期待しながら使えないかと思いました。

じゅうぶん全身に使える保湿力

これまでレストラダームを愛用していたわたしは、ある日をきっかけにコストコでクレンザーを多めに購入し、その日からレストラダームをクレンザーに置き換えて使うことにしました。

すると、わたしの感想ですが、ちゃんと肌を洗いながら保湿してくれて洗い上がりの肌感もジェントルスキンクレンザーでじゅうぶんだと思いました。

もちろん、レストラダームと比較すると保湿感やかゆみの改善は劣ります。なので、アトピー性皮膚炎を洗いながら治したいという人にはこれ1本ではむずかしいと思います。しかし、乾燥肌の悩みから解放されたい、アトピー悪化を予防したいという人にはとてもおすすめです。

からだの洗い方

まず、シャワーでからだの汚れを洗い流したあと、軽くタオルドライします。

そして、クレンザーを適量手に取りボディに塗ります。適量といってもたいていは足りなくなるので、そこそこ量を使うことになります。

このときに、乾燥が気になるところや少しかゆいところなどは保湿クリームを染み込ませるような感覚で肌に塗り込んでいきます。

クレンザーは泡立ちが悪いので全身に使うとかなりの量を使うことになります。そんなときは、無添加せっけんを少しまぜて泡立ちをよくしてから全身を洗うといいですよ。

頭皮の洗い方

つぎは頭皮&シャンプー。そもそも頭皮の保湿ケアは手を抜きがち。髪の毛が邪魔でケアしにくいので、乾燥によるかゆみやフケが出るのなら頭皮のお手入れ不足が原因かもしれません。

わたしはこれまで無添加シャンプーを使ってきました。しかし、頭皮の乾燥はあまり改善されず悩んでいました。

そんなとき、セタフィルのクレンザーを頭皮に塗りこむ方法を思いつきました。

まず、軽くシャンプーしたあとに簡単にすすぎ、そのあとに髪をかきわけなるべく頭皮に直接クレンザーを塗り込んでいきます。

そもそもクレンザーはシャンプーではないので泡立ちませんし、髪のケアも必要なので必ずシャンプーと併用しています。

全体になじませながら頭皮マッサージで血行を促進するのもおすすめです。あとは通常どおり流すだけです。

こちらの記事もおすすめ
治らないフケが無添加シャンプーで改善されたワケ

保湿クリームで水分を閉じ込める


© Galderma Laboratories

お風呂上がりにはこれまでどおりセタフィルのモイスチャライジングクリームローションを全身にまんべんなく塗ります。

しかし、その前に実感することがあります。お風呂上がりに肌のつっぱり感とピリピリしたかゆみが軽減されていること。

牛乳せっけんや青色のニベアを使ったこともありますが、保湿力ではやはりセタフィルが一番優れています。

アトピー性皮膚炎のボディウォッシュに

セタフィル ジェントルスキンクレンザーは余計な成分が入っておらず安心安全。とくにアトピー性皮膚炎や敏感肌の人、そして乾燥しがちな冬場はセタフィルのおかげで大幅にストレスを軽減できます。

また、頭皮のフケの原因が乾燥による場合は、このクレンザーで洗い上げる方法はとても効果的のように思います。

ジェントルスキンクレンザー本体の裏面には乾いた手で使うと記載されています。お風呂で全身に使うわけですからどうしても濡れた手で使うことになります。

わたしはこれまでずっと濡れた手で使っていますが、とくにデメリットは感じません。

しかし、泡立ちが悪いのでお風呂でからだを洗うせっけんの用途で使うと1回でそこそこの量を使用することになります。その点は市販のボディソープよりコスパが悪いのではないでしょうか。

アマゾンではなくコストコをうまく活用して少しでも安くセタフィルを使いたいですね。