お風呂のかゆいアトピーが治る 本当におすすめの石鹸や入浴剤

セタフィルPRO


© Amazon.co.jp

[用途]ボディソープ + ボディローション + シャンプー + 洗顔料

ダヴ、ミノン、キュレルなど乾燥性敏感肌に向けのボディソープはたくさんありますが、わたしのアトピー肌にはどれも合いません。むしろ悪化します。

そんななか、お風呂上がりのピリピリする痒みが劇的におさまったボディソープが、セタフィルPRO 。以前はセタフィルレストラダームという名前で販売されていた商品です。

アトピー性皮膚炎の肌の特徴を簡単に言うと、表面のバリア機能が弱いこと、保湿に必要なフィラグリンの分泌が少ないこと、このふたつです。

セタフィルプロはアトピーの弱点であるこのふたつを重点的にケアし、痒みを抑えるだけでなく症状を改善してくれる、ほんとうに優れた商品です。

アトピーは肌に付着した汗や汚れを放置していると症状が悪化するので、お風呂には毎日入って体を清潔にする必要があります。しかし、そうとは知りながらもわたしはお風呂が嫌いで、そのストレスからお風呂に入れない日もありました。

そんななか、わたしはセタフィルと出会って精神的な負担がなくなりました。まず、セタフィルPRO ボディウォッシュ を使ってからだを洗ったとき、すぐに「これはすごい」と実感しました。からだに塗るだけで痒みが落ち着くんです。

そして、セタフィルPRO ボディローション を保湿クリームのように塗ると、お風呂上がりのヒリヒリするストレスが大幅に軽減され、バスタタオルや温度差による刺激にもじゅうぶん耐えられることに気づきます。

これまでわたしが使用してきたアトピー向けのボディソープのなかで、セタフィルプロは一番好きです。痒みが落ち着くだけでなく赤みやボロボロの症状まで改善してくれるからです。ボディーソープをかゆみ止めのように使える感覚です。

しかし、当たり前ですが使わなくなると症状は元に戻ります。また、セタフィルプロは価格が少し高め。貴重なフィラグリン分解産物を配合しているのでしょうがないですが、価格相応の効果は実感できます。

ちなみにボディウォッシュをシャンプーの代わりに使うと、おどろくほどフケが改善されます。


ミヨシ 無添加せっけん


© Amazon.co.jp

[用途]ボディソープ + シャンプー + 洗顔料

不要な汚れだけを洗い流して必要な皮脂や菌は残したままにすること、これはアトピーや乾燥肌を悪化させないために必要なことです。

しかし、一般的なボディソープの成分には香料、界面活性剤、化学物質が含まれているので、敏感肌には刺激が強すぎます。洗浄力も強いので洗いすぎにより肌荒れを引き起こします。メリットやニベアなど弱酸性の商品もアトピーには合いません

また、耳の後ろや首の付け根など洗剤カスが残りやすい箇所は、すすぎ残しのないよう徹底する必要もあります。

わたしが愛用している ミヨシの無添加せっけん は、とても肌に優しく多少の洗い残しがあっても痒くなりません。また、想像以上に洗い上がりがスッキリするので石鹸であることを忘れます。

これまでボディソープが肌に合わなかった人も、無添加せっけんなら治るかもしれません。わたしはアトピーを悪化させないためにも、ミヨシの無添加せっけんを使っています。

よけいな成分を一切含まない無添加せっけんは、アトピーを悪化させる心配がありません。元本割れしない定期預金のようなものです。

ちなみにわたしは、泡のボディソープ で全身を洗います。これ1本でシャンプーとボディソープを兼用しています。泡で出てくるタイプなので髪の毛の隙間からしっかり頭皮に浸透してくれますし、からだをさするだけで洗えるのでらくちんです。

しかも、液体のボディソープと比べて本体の減りが少ないので、コスパにも優れています。

セタフィル ジェントルスキンクレンザー


© Galderma Laboratories

[用途]ボディソープ + シャンプー + 洗顔料

コストコで定番の青ボトル、セタフィルのクレンザーです。わたしは洗顔とメイク落とし、入浴時のからだの洗浄、手洗いせっけんの用途でこの ジェントルスキンクレンザー を愛用しています。

低刺激で保湿ケアできる商品はたくさんありますが、セタフィルのクレンザーは別格です。

心地よい洗いあがり、しっかり除去できる臭いや汚れ、しっとり潤いを閉じ込める保湿力、この3つがジェントルスキンクレンザーのおもな使用感です。ネットの口コミでも悪いレビューがほとんど見つからないくらい、とても優秀なボディウォッシュです。

大容量で低価格、しかもこれ1本で洗顔料、メイク落とし、ボディソープ、シャンプーなど幅広く活用できます。本当にセタフィルってすごい…と実感します。

ジェントルスキンクレンザーが買えるところはコストコです。アマゾンはコストコに卸された商品を販売しているので、最安値で買うならコストコ会員がおすすめです。

ヒバオイル


© Amazon.co.jp

[用途]入浴剤

ヒバオイルとは青森県のヒノキから抽出された貴重なオイルで、殺菌や消臭効果の高いすぐれものです。

アトピーの皮膚には通常よりも黄色ブドウ球菌などの悪い菌が多く存在しています。一般的なボディソープでも殺菌できますが、ひば油はとくに黄色ブドウ球菌の殺菌力に優れています。

また、保湿効果も高いので、アトピー性皮膚炎の治療にはとてもおすすめです。

わたしは入浴時に浴槽へ ひばオイルの原液数滴入れて使っています。ひば油を入れると浴室がとてもいい香りに包まれます。そして、肌が少しヌルヌルしてくるので、全身にしっかりなじませます。

掻きむしったあとなど出血や炎症がひどいときは、使用を避けたほうが賢明です。傷口がとてもしみるからです。

ヒバオイルの値段は2000〜3000円ほどと少し高めですが、1回で数滴しか使わないので1本で1〜2ヶ月もちます

また、エタノールと水で希釈したナノヒバオイルがありますが、アトピーの治療に使うなら原液のひばオイルがおすすめです。

エプソムソルト


© Amazon.co.jp

[用途]入浴剤

ミネラル100%のバスソルト。ソルトという名前ですが塩は入っていません。おもな成分は硫酸マグネシウムで、これは赤ちゃんも安心して使える海水の成分です。

よく芸能人が美肌のために愛用していますが、エプソムソルトは保湿力に優れていて、肌のキメを整えてくれる効果があります。

わたしはベストな入浴剤と出会うために、これまで薬用成分配合と宣伝する商品をひととおり試しました。エモリカ、キュレル、バブ、ツムラのくすり湯など。しかし、使い始めはいいかもと思っても最終的には痒みが増し、種類によっては痛いと苦痛になるほど。けっきょく、市販の入浴剤ではアトピーが悪化してしまい、わたしのからだに合うものはありませんでした。

やっと出会った入浴剤が、この エプソムソルト です。わたしは国産の シークリスタルス を使っていて、1本4kgの大容量で2ヶ月ほどもちます。毎日使うものなので、このコスパの高さは嬉しいです。

エプソムソルトを入れるとお湯がやわらかくなるので、塩素除去にもおすすめです。一番風呂にありがちな硬いお湯もおどろくほどマイルドになるので、入浴時の刺激を恐れる必要はもうありません。

これまで入浴剤でアトピーが悪化してしまった人も、エプソムソルトなら大丈夫かもしれません。

少しすると角質層がふやけていき皮膚の表面が整うのがわかります。お湯を出るころにはしっとり保湿され、バスタオルで拭いたらすぐに保湿クリームを塗ること、これで完ぺきです。

残り湯にはポロポロと浮いた表皮や垢を眺めながら、なぜか気持ちがスッキリする不思議な入浴剤です。

セタフィル モイスチャライジングローション&クリーム


© Galderma Laboratories

[用途]ボディローション + ボディクリーム

セタフィルのモイスチャライジングローション は濃厚なミルクのような保湿乳液です。わたしはずっと愛用しています。また、より濃厚な保湿剤なら モイスチャライジングクリーム のボディークリームがおすすめです。

赤ちゃんやアトピーの肌を考えて作られた商品なので、低刺激で安心して使えます。

アトピー性皮膚炎を治す方法として一番大切なことが保湿。とくにお風呂上がりに保湿クリームを塗ることは絶対に必要です。

セタフィルはローションもクリームも濃厚でコクがあるのにサラッと塗れる、そして全身に伸びます。すぐに服を着てもまったくべたつきません。保湿剤を塗ったことすら忘れてしまいます。

セタフィルのローションとクリームは、アトピー肌の毎日のケアにとてもおすすめです。しかし、わたしはアトピーによる湿疹がひどい箇所に塗ったら、セタフィルでアトピーが悪化してしまいました。

基本的に保湿クリームは、症状のないところに乾燥を防ぐ目的で使用するのがベストな使い方です。

コストコで買うと皮膚科で3割負担のヒルロイドクリームよりも安く買えます。

ヴァセリン インテンシブケア アドバンスドリペア ボディローション


© Amazon.co.jp

[用途]ボディローション

セタフィルよりも高い保湿力を求めるなら、ヴァセリン がおすすめです。

天然由来の超濃厚なワセリンには、おもに2種類あります。まず、昔ながらのねっとりした ピュアスキンジュエリー と、乳液タイプの インテンシブケア アドバンスドリペア ボディローション です。

お風呂上がりに使うなら、全身にスーッと伸びるボディローションをおすすめします。保湿力は申し分ないですが、3つほど気になるところがあります。

まず、実際には無香料ですが少し臭いが気になります。そして、原産国が中国であるところ、少しべたつき時間が経つとねっとりするところです。

しかし、どれも致命的な問題ではなく値段も安いので、気軽に使えるアトピーにいい保湿ローションです。

オリジナルピュアスキンジェリーは集中的に保湿したい箇所に適しているので、くちびるの保護にリップクリームとして、手のひび割れ予防にハンドクリームとして活用しています。