人生がうまくいかない 疲れた心をラクにするアドバイス

人生はうまくいかないもの

人生が疲れたなぁ、なかなかうまくいかないなぁと思っているあなた。そもそも人生はうまくいかないものです。

そして、みんな理想の自分とのギャップを感じながら生きています。

わたしの人生はとても辛いものでした。しかし、うまくいかない日々だったからこそ、なんとかして理想に近づけるように努力しようと思い、いまがあります。

理想が素晴らしい人生、現実はそうでもない、そのあいだを埋める日々が人生なのです。

焦らずゆっくりコツコツと

マイペースでいいんです。ゆっくりでも毎日やることをこなしていけば、一歩ずつ前に進んでいきいつか必ず結果が出ます。

逆にたくさんのことを急いでこなしても、途中で歩みをとめたらそれまで。ウサギとカメのカメであることが人生には大切です。

わたしは将来の夢を思い描いた時点でその夢は叶うと思います。

たとえば、もし小説家になりたいとします。すると無意識のうちに小説に関する書籍を読み、記事を探し、関連する人との出会いを探しているのではないでしょうか。

たとえゆっくりでも自分の軸をしっかり持っていれば、人生はそうつまらないものではありません。

ときには旅に出かけよう

仕事に恋愛に人生に疲れたら、目の前のことは横に置いて遊びに出かけましょう。

疲れたということは行き詰まっているということ。行き詰まったのであればその詰まりを取り除かなければなりません。

そのためには一時的にラクになる道を選ぶことが大切です。

自分はとても素晴らしい

たいして仕事もできないし、顔だってカッコよくない。年収は低いしこれといった資格もない。

人はみなコンプレックスのかたまり。しかし、それをマイナスに思い続けるか素直に受け入れるかでは、おなじコンプレックスでも全く違ってきます。

たとえば、仕事は不器用かもしれないがあなたの優しさに救われている人がいるかもしれない、年収が低いのは転職するチャンスでもある。

どんな短所も裏を返せば素晴らしい長所であるということ、そしてそれを受け入れることで心がスーッとラクになります。

大きな目標をつくろう

どんな夢でもかまわない、とにかく大きな目標を描きましょう。

将来は海外移住したい、タワーマンションに住みたい、田舎に大きな一軒家を建てたい、英語と中国語をマスターして世界を股にかけたい。

他人に話せばバカにされるようなことでも全く構いません。その夢を思い浮かべると思わずワクワクしてしまう、その気持ちが大切です。

その高揚感は人生のガソリンになります。

目標のために歩き出そう

人生のガソリンがみつかってもガスステーションがなければチャージすることができません。

まずは大きな目標を何年後に達成したいのかを決めます。そこから逆算して、その目標を達成するには何をすべきなのかをリストアップします。

そのリストアップした目標こそ人生のガソリンを給油するガスステーションです。

わたしたちは毎日おなじ仕事を繰り返すと、なにが楽しいのか、こんな人生など意味がないのではと無気力かつ悲観的になることがあります。

しかし、そう思うのは人生の目標がないか曖昧だからです。

たとえば10年後にバンドマンとしてメジャーデビューする目標がある。そのためには軍資金を貯めなければならない。その軍資金を貯めるために必要なのが毎日おこなっている仕事。

そう思うことで、毎日つまらないと思っていた仕事も少しずつモチベーションを保てるようになります。

ひとつずつでも何かをこなしていくことで達成感を得て、人生にハリがでます。すると、知らないうちに上手く回り始めるわけです。

人生はとてもシンプルなもの

どんなことでも答えはいたってシンプルです。

長い人生のなか人との出会い、別れ、病気、失恋、結婚、離婚。さまざまな出来事があります。わたしたちはそのたびに「なんでこうなったんだろう」と思い、あれこれ複雑に考えていきます。

しかし、過去を振り返ってみてください。あのときあんなにアレコレと考える必要があったのでしょうか。うまくいくこともいかないことも、すべてはそうなるべきだったのです。

人生疲れた、人生がうまくいかないと思っても、あなたの人生はひとつで答えもたったひとつ。あれこれ複雑に考えたってなるようにしかならないということです。

そして、振り返ってみれば人生はいたってシンプルであると気づくはずです。

今ある幸せを感じよう

人生がうまくいかないと思うなかには生活に不満を抱える気持ちもあるのではないでしょうか。

まずは、自分が持っているものを当たり前と思わず、いまあるものや環境を生かして一歩ずつ進んで行きましょう。

といわれても、わたしたちは他人を見てうらやましく思い、自分にはないものを持っている人に嫉妬します。いわゆる、隣の芝生は青いというやつですね。

たとえば、軽自動車を持っている人はメルセデスベンツを運転している人を見てうらやましく思います。

メルセデスベンツを運転している人は自家用ヘリで移動する人を見てあこがれます。

しかし、自転車しか持っていない人からすると、軽自動車があるだけでとても恵まれているわけです。

いまあるものや環境は当たり前ではありません。また、それを利用していくらでも人生の可能性を広げることができます。