Google検索結果 自分の名前や顔写真の正しい削除方法

まずはじめに

あなたはこのようなことで悩んでいませんか。

  • 検索エンジンの検索結果に自分の名前がヒットする
  • 検索エンジンの画像検索で自分の顔写真が表示される
  • ネット上にある自分の名前、写真、経歴を消したい
  • 投稿者に削除申請をしたが対応してくれない
  • 弁護士や削除代行会社は高額すぎる

誰もが見られるネットだからこそ一刻も早く消したい。忘れられる権利のないネットだからこそ、消したいと思ったときに消すことがなによりも大切です。では、そのためにはどのような手順でなにをしたらいいのでしょうか。ここではこのような内容をご紹介します。

  • 削除依頼のファーストステップ
  • 削除しても残っているときの対処法
  • 相手が削除に応じてくれないときの対処法
  • 正しい知識を持つことの重要性

なるべく早く自分で対処する

グーグルの検索結果でヒットしてしまうケースの一例です。

  • 友達が勝手に投稿したSNSの写真
  • ママ友が投稿した掲示板の悪口
  • 以前勤めていた会社の従業員に残ったままのフルネームと顔写真
  • 過去のコンテストで優勝したときの写真や経歴
  • 本名で登録しているSNSのアカウントで書き込んだコメント
  • メルカリやジモティなどアプリのアイコンに設定している顔写真
  • 過去に書いたブログの記事

例えば、「青木裕子」のキーワードで本人の顔写真が表示されたら、本名とその顔写真が関連づいているということ。「青木裕子」の本名と関連づいていない写真は、たとえそこに本人が写っていても表示されません。

これら一連のケースは何かしらのかたちでフルネームと一緒に投稿されているということです。そして、その情報は自分で削除することができます。

すごく悪質なケースや誹謗中傷の書き込みにより損害賠償を請求したい場合は弁護士に相談する必要がありますが、ネットの情報を削除するだけならその必要はありません。

一度ネット上に公開された情報は第三者が簡単にコピーし拡散できてしまうので、そうなる前に削除することが大切です。

元のページを削除する

まず、ネットから自分の情報を削除するには、元のページを消す必要があります。

よく勘違いするのは、検索エンジンのキャッシュを削除すればネットに表示されなくなるということ。そもそもキャッシュとはサイトの情報をある一定期間サーバに保管しておくもの。キャッシュとはいわゆるコピーにあたるわけで、実際にまだネット上に該当の情報が残っていればキャッシュを削除しても消えることはありません。

また、グーグルの検索結果や画像検索に表示される情報はグーグルが所有しているわけではありません。なので、ネットに自分の顔写真などが表示されてしまう場合は、それを投稿した人が削除しなければ消えません。

SNSなど自分のアカウントで投稿したものは自分で編集し、第三者の投稿によるものはDMや問い合わせから削除申請します。

例えば、友達がインスタに勝手に投稿した写真を消したいときは、その友達に消してもらうようにお願いすればOKです。残念ながら不適切な投稿と通報したり運営会社に連絡するなどの方法では削除できません。

それは、それぞれのSNSには削除ポリシーがあり、ほとんどの場合がポルノや違法なコンテンツでない限り削除できないとされているからです。

また、友達が投稿した写真と自分を関連づけたくない場合は、タグ付けを手動で承認するように設定しておきます。そうすることで自分のアカウントとリンクされることはなくなり、名前で検索しても表示されないようになります。

投稿そのものを完全に削除する必要はなく、自分の本名や顔写真など消したい内容を消去または変更するだけでOKです。

第三者に削除依頼をするときは、スムーズに対応してもらうために以下の項目を簡潔に記載します。

  • 投稿URL
  • 投稿日時
  • 削除を求める箇所
  • 削除を求める内容

ちゃんと消したのにまだ表示される

元の投稿が削除されたのにグーグルの検索結果にひっかかる原因は大きく2つあります。まずはグーグルのキャッシュが表示されているケース。これは時間が経てば表示されなくなるので心配はいりません。

しかし、早急に消したいときは Google Search Console にログインして削除をリクエストします。ちなみにヤフーもグーグルの検索エンジンを使っているので、コンテンツの削除はグーグルだけにリクエストすればOKです。

リクエストの承認後、1〜2週間でネット上から完全に削除されます。リクエストが不承認となった場合は、まだサイトに情報が掲載されている可能性があります。これがもうひとつの原因です。その場合はその投稿自体を削除しなければなりません。

例えば、アメブロ、ツイッター、ヤフオク、YouTubeなど拡散性の高いサービスは他の転載サイトにコピーされやすい傾向があります。

これまで検索結果の上位に表示されていた元の投稿が削除されたことで、その陰に隠れていた投稿が押し上げられて目についてしまったというわけです。

このように外部サイトへロボットが転載した場合も削除方法は同じです。しかし、すでに多くのサイトにコピーされてしまっている場合はひとつひとつ削除依頼をしなければならないので、手間と時間と根気が必要です。

相手が削除に応じてくれない

DMや問い合わせから削除依頼をしても、なかなか削除に応じてくれない。このようなケースはプロバイダ責任制限法による削除申請が有効です。

プロバイダ責任制限法とは、名誉毀損、プライバシー侵害、肖像権侵害、営業妨害といった情報を、プロバイダの責任を明確にしたうえで送信防止処置を命じるというものです。

ようするに有名人や政治家ではない一般人であるにもかかわらず、自分のプライバシーにかかわる情報がネット上に公表されている。その責任はプロバイダにあるので、削除を求められたらその要求に応じなければならないというわけです。

プロバイダ責任制限法による削除依頼はすべて書面でおこないます。定型のフォーマットで必要事項を記入し、公的な身分証明書と一緒にサイトの運営会社へ郵送します。このとき、送達過程が記録される簡易書留で郵送することをおすすめします。

違法・有害情報相談センターに相談すると詳しい手順などを教えてくれます。

このプロバイダ責任制限法が適用されるのは日本のサイトだけです。海外のサイトはこのガイドラインが適用されません。たいていのケースは運営会社のある州の法律にもとづいて対応されます。プロバイダ責任制限法が無効だからといって削除に応じてもらえないわけではありませんが、それぞれの言語で削除申請しなければならないうえにまったく返信がないこともあります。

新たなトラブルを防ぐには正しい知識が必要

掲示板の書き込み、誹謗中傷、嫌がらせ、ネットいじめ、リベンジポルノ、どんな内容であってもプロバイダ責任制限法で第三者に削除申請できるのは本人のみです。削除代行や風評対策の専門会社に高額な費用を払って削除を頼む必要はありません。

また、弁護士を代理人とすることもできますが、名誉毀損やプライバシー侵害により損害賠償請求をするわけでなければ自分でもできます。

「グーグルやヤフーの検索結果は最初の1ページしか見られないから、その順位を下げれば大丈夫だよ」と、逆SEOという手法をもちいる会社もあります。しかし、順位を下げたところで元のページは残っていますから、根本的な解決にはならず、永久的に費用を支払うことになりかねなので注意が必要です。

エゴサーチによって自分の顔写真や書き込みが表示されてしまうと、気になって何度も検索しがちです。しかし、自分の名前で何度も検索すると、グーグルは関連ページを検索結果の上位に表示してしまうので必要以上に検索しないことが大切です。