アトピーの改善に永久脱毛が良いワケ

その湿疹の原因はもしかしたらムダ毛かも

ムダ毛というとどの箇所を思い浮かべるでしょうか。男性はヒゲ、胸毛、すね毛、女性はワキ毛、腕、足、Vラインといったところでしょうか。

思い返してみると、体毛のある箇所ってアトピーがひどくなったりよくかゆくなりませんか。それは、汗汚れ、毛に絡まった落ち切らない汚れ、服や下着による蒸れなどが皮膚に悪影響をおよぼすからです。

また、治りにくいと感じるのは、毛によってステロイドがうまく患部にとどかなかったり、毛剃りによる皮膚への刺激が原因にあるからです。

永久脱毛はアトピー治療の一環としておすすめ

わたしは、顔や体のアトピーに悩む人に永久脱毛をおすすめします。

ムダ毛がアトピーに悪影響を及ぼしやすいのは女性より男性のほうかもしれません。たとえば顔の湿疹が慢性化している人は、ヒゲによる皮膚への刺激、ヒゲに付着するホコリ汚れなどによる刺激、髭剃りによる刺激が原因の一つにあるように思います。

そして、もともと皮膚が弱いアトピー患者にとってこれらは悪影響としかいいようがありません。

また、見落としがちなデリケートゾーン。とくに夏場は陰部や肛門あたりが汗や下着によって蒸れます。そして、肛門に関しては毛に汚れが付着し不衛生な環境をつくり、かゆみを引き起こしてしまいます。

このようなケースに心当たりがあるのなら、VIO脱毛を施して毛をなくすことが効果的。毛が生えたデリケートゾーンを維持し続けるよりもきれいすっきり脱毛するほうが、アトピーにとって多くのメリットがあるほか、衛生面でも優れています。

アトピー患者が永久脱毛するときに気をつけること

わたしは実際にワキ毛、腕下、股上、股下、VIOを永久脱毛しています。

そのときに気をつけたことは、脱毛サロンではなく皮膚科医での医療脱毛を選ぶこと。なぜ美容皮膚科を選ぶかというと、アトピー性皮膚炎をわずらっている以上、万が一のトラブルには医療知識でしっかり対応してほしいから。また、レーザーによる永久脱毛は皮膚科医の監督下で営業する病院である必要があるからです。

わたしはミュゼプラチナムのような脱毛サロンでの施術はアトピー患者にとってリスクが高いように思います。もちろん、脱毛クリームやブラジリアンワックスを使って自宅でセルフ脱毛なんてもってのほかです。

当時のわたしはところどころアトピーによる湿疹がありました。もちろん、赤みのある状態ではその箇所に照射はできません。

そのため、施術する直前ではなく1ヶ月ほど前からステロイドで患部をほぼ強制的に治し、照射してもらっていました。

アトピーの人はこの点がつらいところです。また、永久脱毛は1回で完結するわけではなく8回〜10回、部位や皮膚の状態によっては20〜30回かかる場合があります。とくに、男性のヒゲは毛が濃いので時間がかかるそうです。

脱毛によるアトピーの悪化を防ぐには、施術後のケアがとても大切です。脱毛後は皮膚に菌が侵入しニキビのような毛根炎になりがち。おそらく多くのクリニックで施術後にクリームを塗ると思いますので、これをおろそかにしないこと。

また、施術後は保冷剤をあてて冷やし、皮膚にこもった熱を冷ますことが大切です。これを看護師さんの指示のもと適切におこなえば、脱毛によるアトピーの悪化は心配いらないように思います。

永久脱毛が完了すると今までの苦労がウソのよう

永久脱毛の施術が完了すると当たり前ですが毛が生えてこなくなります。精神的にも気分は良く、アトピーのケアがしやすいのも嬉しい限りです。

ムダ毛をなくした肌はステロイドや保湿剤が塗りやすく、また汗による蒸れ、毛に汚れが付着することもなくなります。

これでアトピーが完治するわけではありませんが、アトピーを改善する一つのきっかけとしてはおおいに効果的な治療法ではないでしょうか。