自分で治す!アトピーを薬に頼らないで改善した方法

その場しのぎの皮膚科の治療に違和感を抱く

まず、わたしは皮膚科での治療法に違和感がありました。というのも、一般的なアトピーの治療は、患部にステロイドやプロトピックを塗り炎症を抑える、乾燥した箇所にはヒルロイドローションで保湿をする。また、かゆみを落ち着かせるために抗ヒスタミン薬を飲むこともあります。

これでアトピーが根本的に改善されれば問題ありません。しかし、わたしの場合は少しでもステロイドを塗り忘れるとまた湿疹があらわれ、いわばいたちごっこ。薬をずっと塗り続ける必要がありました。

これでは、アトピーを治すというより一時的に抑えているだけ。当時のわたしはアトピーに対して無知で、とにかく薬を使って治すことしか頭にありませんでした。

しかしあるとき、この治療法では永遠に皮膚科のお世話にならなければいけないことに気づきます。

クスリを服用し続けることへの不安

ステロイドなどの塗り薬は薬価もそこそこします。また、根本的に治す治療をしているわけではないので、なにか身体にいい変化が起こってアトピーが治癒しない限り、この医療費永遠に支払い続けなければなりません

まさに終わりのないローン契約といった感じです。

また、ずっと薬を服用し続けることにも健康面での不安がありました。例えば、そもそも薬は身体にいい印象がない妊娠したときの胎児への影響は?わたしのアトピー体質は子どもに遺伝するの

風邪薬のように一時的に服用するわけではありませんから、改めて考えてみると不安だらけです。

そのため、できるだけ薬を使わずにアトピーを改善する方法はないかと、ネットでいろいろ調べました。

惑わされるネットのアトピー情報

アトピーに悩んでいる人や、わたしのようにステロイド治療を続けることに違和感がある人など、やはり皮膚科の治療では満足できない人が多いのでしょう。

その理由は、Googleで検索すればアトピーに効く天然水、保湿液、はりきゅう、漢方解毒療法など、ステロイド治療をやめたいと思う人にとっては朗報ばかりだからです。しかし、どれも効果はあるかもしれませんが、つらい治療だったりお金がかかったりと、あまり簡単には踏み込めません

また、個々のサイトで推奨している治療法が違ったり、高額なアトピーコスメの販売サイトがあったりと、どの情報を信じていいかわからなくなります。

もちろん、この記事もわたしの経験をもとに執筆したわけですから、すべての人に合うわけではありません。しかし、この記事をさまざまな情報のなかのひとつとして参考にしてみてください。

まず、アトピーが悪化する原因を考える

アトピーの症状が季節によって異なるように、湿疹やかゆみには必ず原因がありますアトピーを改善するためには、この原因を知ることから始めなければなりません

ここでは、わたしが皮膚科のドクターに教えていただいたことを中心にご紹介します。

保湿不足による肌の乾燥

基本的にアトピーの肌は水分不足で、こまめに保湿をしないと乾燥がひどくなり皮膚のバリア機能が低下します。この状態で花粉やホコリ、街中の汚れた空気などの刺激を受けるとカサカサしたかゆみや湿疹を引き起こします

腸内細菌バランスの乱れ

腸内環境とアトピーは密接に関係しています。腸内の善玉菌と悪玉菌がバランスよく整っていないとアトピーの症状は悪化します。L-92乳酸菌が注目されるように、腸内環境を軽視してはいけません。

不眠と疲労によるストレスの蓄積

仕事が忙しいときや不規則な生活をしていると肌荒れが悪化するように、アトピーはストレスとも密接に関係しています。また、疲労や生理によるホルモンバランスの乱れも影響します。

せっけんによる刺激と洗い残し

これは盲点でした。普段からしっかりスキンケアをおこなっていても、デリケート肌用のケア用品を使っていても、市販のシャンプーや洗顔フォームに配合されている合成界面活性剤、防腐剤、香料などは、どれも刺激が強すぎます。

なかには、念入りにすすいでも落としにくい成分もあります。そのため、しっかり洗い流したつもりでも肌に残っていることが多く、それが原因で湿疹につながるケースも少なくありません。

花粉などの粒子によるアレルギー

花粉黄砂PM2.5タバコの煙などの粒子はとっても小さく簡単に肌の内部へ粒子性物質が侵入します。もともと、一般的な肌に比べてアトピーの肌は保護されていませんから、それが刺激となりアレルギー反応を引き起こします。

ダニによるアレルギー

ダニによるアトピーの悪化は有名な話ですよね。ダニは布地の素材に多く生息し、湿度の高い環境を好みます。そのため、梅雨〜夏・秋にかけてはダニが急激に増殖する恐れがあり、ファブリックのソファ、クッション、カーテンなどに多くひそみます。

普通に生活している限りは、ダニによってアトピーが悪化しやすい環境にあるわけです。

体毛による刺激と汚れ

よくデリケートゾーンが蒸れてかゆくなるように、体毛を伸ばしたままにしておくと、そこに皮脂汚れが付着して湿疹の原因になります。

また、すね毛をカミソリで処理したり、ヒゲをシェーバーで剃る行為などが肌への刺激となり、患部の治りを遅らせたり、肌荒れを引き起こすことになります。

この原因から改善策をひとつひとつ紐解いていく

つねに保湿をおこなう

乾燥肌によるかゆみを防ぐには、毎日欠かさず保湿ケアをおこない、かつ内部までじゅうぶんに水分補給をしなければなりません。

そのためには、高価な保湿コスメではなく、比較的リーズナブルで保湿力の高いものを選ぶ必要があります。これまで皮膚科で処方されたヒルロイドおよびビーソフテンのローション&クリームを使用してきましたが、保険適応とはいえ、これを毎日使うにはかなりの量が必要で経済的に負担がかさみます。

そして、わたしは市販の保湿剤で代用できないかと思い、昔から定評のあるユースキン、保湿力に優れたニベアの青缶、スプレー温泉水のアベンヌウォーター、フェイスケアには資生堂のdプログラムを使用します。

しかし、どれもイマイチしっくりきません。そこで、小さなサンプルをいただいたことがきっかけで、アメリカのスキンケアブランド セタフィル に出会います。

このセタフィルには多くのシリーズがありますが、おもにクリームとローションが保湿剤に適しています。いずれもアマゾンやコストコで買うことができ、ローションは大容量の473mlが2本で1,548円と激安です。

セタフィルは安いうえに保湿力があり、クリームを1日2回全身に塗っても4〜5ヶ月はもちます。

わたしは、毎朝の外出前と、夜のお風呂あがりクリームを顔と体に塗っています。夏はすこしべっとり感があるので、さらっと仕上げたい人にはローションがおすすめです。

また、外出前には顔から首にかけて念入りに浸透させることで、花粉による肌荒れやかゆみも軽減できます。

食事は糖質を控え、発酵食品をとる

腸内環境が乱れる原因のひとつ糖質のとりすぎがあります。糖質は白米、小麦粉、パン粉、さつまいも、バナナなど身近な食材に多く含まれていて、普通に食事をしている限りとりすぎてしまいます。

そのため、食事は肉や野菜を中心に食べる必要があります

また、フルグラやオールブランなどのシリアルは、オーツ麦やライ麦など食物繊維が豊富なうえ腸にいいといいます。

しかし、わたしは大量の砂糖で味付けされているシリアルは決して腸にいいとは思えませんし、むしろ糖質のとりすぎで腸内環境が悪化すると思います。

よくアトピーの治療には徹底した食事制限が必要といいますが、わたしはそうは思いません。あまりあれこれ制限したり食材を吟味しすぎると、逆にそれがストレスになり悪影響だと思うからです。

実際にわたしは厳しい食事制限などはしておらず、1日の糖質を150gに制限するくらいです。

といっても、この糖質制限がとても大変で主食はご飯半膳またはブランパン。そして、野菜と肉は多めにとります。間食のお菓子も控え、たまに食べるくらいです。

しかし、最初は半信半疑のこの食生活でしたが、1週間目にして体のかゆみがおどろくほどラクになりました。ボコボコした赤みも徐々におさまっていき、もちろんかゆみがひどいときは薬を塗りますが、それでも糖質制限を意識する前とは明らかに違います。

いま自分の腸内環境がどうなっているのかは、おならの臭いで判断できます。おならが臭ければ悪玉菌が優位にある状態。あまり不快な臭いでなければバランスが保てているということです。

また、便通は少なくとも1日1回、おおどいろの拭き取りやすい弾力のある便が理想的です。もし、チョコレートのような色であったり2日に1回程度の排便であれば、悪玉菌が増えすぎている可能性があります。

腸内細菌のバランスを整えるには、さきほどの糖質制限にくわえ、納豆豆腐ヨーグルトなどの発酵食品をとるのもおすすめです。

腸内環境が整うと、花粉症や粒子による肌荒れや湿疹の症状も改善されました。もちろん、完ぺきに治るわけではありませんが、これまで苦労していた症状が薬に頼らず改善できるのはとても嬉しいことです。

入眠3時間を大切にぐっすり眠る、寝る4時間前から空腹を保つ

誰でもストレスや疲れは溜まるので、アトピーの人はとくに、これを1日の終わりにリセットしなければなりません。

わたしは、寝不足がよくないと思い7〜8時間の睡眠をこころがけていました。しかし、身体にいいとされる睡眠は入眠から3時間をぐっすり眠ることだそうです。

せっかく長時間の睡眠をとっても、この3時間にレム睡眠や寝苦しさを感じていたら意味がないということ。逆にいえば、このゴールデンタイム上質な眠りにすれば、ストレス疲労腸の環境などがリセットされるので、アトピーを悪化させるリスクが軽減できるというわけです。

そして、睡眠中に腸はその日に食べたものを消化しようと働きます。しっかり睡眠で腸がリセットできれば、翌朝すっきり目覚めることができ、快便も望めます。

しかし、それには睡眠中に空腹の状態である必要があります

そのために、わたしは就寝時間から逆算して19〜20時に夕食をすませるようにし、その後テレビを見ながらの間食もしません。

数回ほど夜遅くに夕食をとることがありましたが、やはり翌日のアトピーに影響しました。腸内環境とアトピーはおどろくほどダイレクトにつながっています。

せっけんはすべて無添加を使う


無添加洗顔せっけん

まず、大前提にボディソープやシャンプーは念入りに洗い流さなければなりません。もし、首もと、首の付け根、耳まわりなどに湿疹があるようなら、せっけんの洗い残しが原因かもしれません。

わたしが無添加せっけんを使う理由は、市販の商品と比べて無駄な成分が加えられていないので、洗い残しの心配が軽減できるということ。また、合成界面活性剤という強力な洗浄成分で肌や頭皮を傷めることなく洗うことができるので、不要な汚れや皮脂のみ洗い流せるということです。

わたしは、ボディソープはセタフィルのレストラダームを使用していますが、シャンプーとリンスは無添加せっけんでおなじみの ミヨシ石鹸 を使用しています。また、食器洗いと手洗いせっけんもおなじで、洗濯せっけんは arau.(アラウ) を使用しています。

まず、シャンプーを無添加せっけんに変えたことにより、カサカサ落ちるフケが大幅に改善されました。しかし、頭皮に湿疹がある場合はせっけんがしみるので避けたほうがいいかもしれません。頭皮がかゆい場合はステロイドローションでいったん落ち着かせてから、やさしく洗い流すといいでしょう。

また、すでにせっけんにはこだわっていて、かつアトピーのケアもこまめにしている。なのに体の湿疹が治らない。といった場合は、洗濯せっけんに原因があるかもしれません。

そもそも、洗濯用洗剤のテレビCMは、強力に汚れを落として白さを保つようなものばかり。衣類がきれいになるので魅力を感じますが、そんな強力な科学洗剤で洗った衣類アトピー肌には刺激が強すぎます。

わたしが無添加せっけんを使うようになって思ったことは、これでじゅうぶんということ。消費者のニーズが増え技術が追いつくからか、どんどん新商品が発表されます。しかし、そもそもそれは必要なのでしょうか。

赤ちゃんの肌は人間本来の肌そのもの。その赤ちゃんに無添加せっけんを使うように、人間の肌にはこれ以上もこれ以下もないはずです。わたしは、アトピーにはこの考え方がとても当てはまると思います。

また、無添加せっけんはオーガニックと勘違いされやすく高価と思われがち。しかし、無駄な成分が入っていないぶんとてもリーズナブル、まさに一石二鳥です。

布製の日用雑貨はすべて破棄する

室内で1番ダニが生息しているのは、生地が布製の家具日用雑貨、そして寝具です。じつは、無意識に生活しているなかで家具や日用雑貨には布製品がとても多くあり、それが知らぬ間に悪影響を及ぼしています。

まず、わたしはトイレマット、キッチンマット、玄関マット、バスマット、洗面台のマット、リビングのラグをすべて破棄しました。そもそもフローリングであればトイレマットは不要ですし、バスマットも浴室内で体を拭けばなくても困りません。それに、多くの雑菌や水虫菌の感染リスクも軽減できます。

このようなマット類は手軽に洗えないので、どうしてもホコリやダニが増えていきます。また、あれこれマットのない室内は掃除がとてもラクです。

また、カーテンはブラインドに変えて、クイックルワイパーでささっと掃除できるようにしました。

しかし、どれだけ気をつかっても、ハウスダストとダニを完ぺきになくすことはできません。それに、毎日欠かさずソファやマットレスをふとんクリーナーで掃除することは大変です。

そのため、できるだけダニが生息しにくい環境あらかじめつくっておくことが大切です。例えば、さきほどのマット類の破棄に加え、ソファはファブリックではなく革製品を選ぶ。また、湿気のたまりやすいマットレスではなく、定期的に天日干しできる敷布団を利用する。

ちょっとした生活環境の改善が、日々の習慣が大きく影響するアトピーにとってはとても意味があります。

ステロイドはやめずにうまく付き合う

脱ステロイドという言葉はアトピーに悩む人にとって魅力的に聞こえます。しかし、完全にステロイドを使わない治療はとても苦しいものですし、そもそもステロイドはそんなに悪いものではありません。

昔の人より現代人にアトピーが多いのは、わたしたちの生活環境が便利かつ快適になったからではないでしょうか。例えば、殺菌・消毒は当たり前、美白や美容成分が配合された化粧品、添加物が加えられたファストフードやコンビニ弁当、甘くておいしいスイーツやお菓子、スマホの使いすぎによる睡眠不足。

たとえステロイドをやめたとしても、このような有害を受け入れていたら意味がないと思いませんか。

昔はこのように快適ではないからこそ余計な刺激が少なく、また身体に対して過保護になることもできません。そのため、いまよりも免疫力が鍛えられ、アトピー疾患にはならずにすんだのでしょう。

だからといって昔のようなライフスタイルに変えることはとても困難。なので、いつもの生活環境のなかでアトピーによくないとされることを改めていき、アトピーの症状が出る原因を根本的に抑える。このベースを習慣化していい状態を長く保つことが堅実ではないでしょうか。

しかし、現代の生活環境やもともとのアトピー体質などから、完ぺきにアトピーを治すには徹底した知識と行動力で治療しない限り難しいと思います。

わたしは、もし湿疹が出たら一度ステロイドを塗って治すことが大切だと思います。しかし、それはあくまで目先の湿疹を治すだけであって、根本的な治療は日常生活をあらためることです。

汗はすぐに洗い流す

汗に含まれるもの塩分老廃物 など。アトピーの人はこれが皮膚に付着するとかゆみを引き起こし、放置するとあせもや湿疹を発症するわけです。

また、スナック菓子に使われているような質の悪い脂を摂取したり食生活が乱れていると質の悪い汗をかきます。これには、多くの塩分と老廃物が含まれていて、雑菌が繁殖しやすくなります。体臭を指摘されたり汗がベトベトしていたら注意が必要、この汗がアトピーにいいわけありません。

まず、アトピーである以上あまり汗をかかないように気をつけること。しかし、これでは日常生活を制限されます。

なので、わたしは夏の紫外線と湿気によるジメジメした汗は、なるべく涼しい場所へ避難してから水で濡らしたタオルで拭きとります。また、近くにシャワーがあれば軽く洗い流しています。

めんどうではありながらも夏はこの習慣を続けていると、やはり汗はすぐに洗い流すことでほとんど肌がかゆくならなくなりました。

ムダ毛の処理は剃るのではなく永久脱毛する

頭皮にかいた汗は髪の毛により蒸れてかゆくなります。これは体毛もおなじです。女性はわき毛、すね毛、VIOライン、男性はこれに加えて胸毛、ヒゲなど。

わたしは自分でムダ毛を処理すると、カミソリで剃ったときの刺激生え始めの短い毛がチクチクし、余計に肌が荒れてかゆくなります。なので、わき下、ひざ下、Vラインに医療脱毛を施しました。

すると、Vラインにおいては下着で蒸れてかゆくなることがなくなりましたし、保湿クリームもさらっと塗れるようになりました。

また、男性のヒゲ脱毛は毎朝のひげそりによる刺激がなくなるわけですから、顔のアトピーに悩んでいる人には最適だと思います。

ヒゲや頰の短い毛に付着した汗や汚れは、たとえ微量であっても肌への刺激となりやすく、また顔は皮膚が薄いのでほかの箇所に比べて注意が必要です。

永久脱毛はアトピーの人でも利用できますが、施術前にステロイドなどを使用して治しておく必要があります。また、アトピーの肌はデリケートなので、皮膚の状況に応じてレーザー脱毛の強度を調節したり、施術後に万が一トラブルが起きた場合は専門知識で対処してもらう必要があります。

そのため、レーザー脱毛を美容行為としておこなう脱毛サロンではなく、医療行為として皮膚科医による監修のもとでおこなう医療脱毛を選びましょう

アトピーは完治より、日々の習慣でなりにくいカラダをつくる

この記事を読んで、「なんだ、まったくステロイドを使わずに治すわけじゃないんだ」と思われた人もいるかもしれません。

また、アトピーの症状を抑えるためにはこのような習慣をずっと続けなければならないのも事実です。

もちろん、アトピーにはさまざまな治療法や医療機関があるので、頑張れば完治することも夢ではないと思います。

しかし、わたしは視力をメガネで矯正するように、アトピーもアトピーに合った生活習慣に合わせることが大切だと思います。

視力を回復させるレーシックが大変なように、アトピーも極端な治療に専念するより、無理なくできることを続けるほうがストレスなくベストな効果が得られるのではないでしょうか。